2018年07月21日

Sakuraテラスにて 025

痛みに耐える事で病気が治るというのであれば、有意義であるからそれを躊躇なく受け入れる

しかし、ガンのそれも終末期となるとどうだろう

何しろこれから私の身に起こってくる可能性が極めて高いので、冷静になって考えておかざるを得ない

私の重要な情報源となっている国立研究開発法人国立がん研究センターがん対策情報センターのサイト「がん情報サービス」からは、緩和ケアという言葉が使われているガン等の終末期医療についての詳細な情報を得る事とが出来ませんでした

治療に関する情報がメインで末期がんとなるとこのサイトの趣旨から外れているのだろう

これまでいろいろなサイトで得られた情報を総合すると、

緩和ケア=鎮痛薬

となり、

緩和ケア=衰弱してガンの歳末期を迎える為の鎮痛薬

であるという事です

鎮痛薬で対応する事は治療が出来ないガン患者に最適な方法なのか

無論、私はそうは考えていません

鎮静(セデーション)治療を一歩進めて歳末期に至る前に消極的安楽死の一方法として容認して欲しいと考えています
posted by バカボン at 11:00| Comment(0) | 日記2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月19日

車椅子のメンテナンス

車椅子のメンテナンスや注文等をサイクルショップに依頼するというのはどうでしょうか。

現在、障碍者施設では専門の業者が修理や新たに作る車椅子の注文に応じています。

車椅子の構造は自転車に似ているので、いっそのこと市中のサイクルショップを車椅子専門業者の支店として積極的に活用する事が出来るように思います。

自宅で生活している車いす利用者は既にメンテナンス作業を自転車屋さんに依頼しているという方も沢山いるでしょうが、障碍者施設等での積極的な利用となるとまだまだだと思うのです。



posted by バカボン at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月17日

ケニヤの送金サービス

ペサ(M-Pesa)は、ケニヤの通信会社Safaricomと、南アフリカ共和国のボーダコムによる、携帯電話を利用した非接触型決済、送金、マイクロファイナンスなどを提供するサービスとWikiにあるようにケニア発祥のサービスです。

https://www.jetro.go.jp/ext_images/_Reports/01/b65e34cd54825211/20160116.pdf

ジェトロの説明が詳しい。

ケニア発祥のガラケーでも送金可能なペサ(M-Pesa)は、ネット全盛の時代に時代遅れかと思いきやさにあらずだった。

M-PESAの売りは携帯電話が使う通常の電波帯で送金が出来てしまう点にある。

ローカルな送金サービスは大手に駆逐され早々に廃れてしまうだろうと思いましたが、完全に間違っていました。

原因は、ケニアの実情を知らなかったから。

M-PESAに口座を作り、送金に必要な3つの情報、相手の携帯番号と送金額、暗証番号を書き入れたショートメッセージを送信するだけで送金が完了する。

この送金サービスの最大のメリットは、入出金が街のいたるところに用意されたM-PESA取扱店で受ける事が出来るという点に尽きる。

電子マネーといった使い方に特化していたから流行っている訳じゃなくて、現金引き出しシステム、すなわちケニア版ATMとしての銀行業務的サービスがあったればってことだった。

なのでApple Payはペサの対抗馬になり得ないって事ですね。
posted by バカボン at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月14日

Sakuraテラスにて 024

そこそこ食べて気楽に過ごす事、これこそが私にとって最良の生活なのだろう

なので自らにしっかり食べろなどと強いるなんて愚の骨頂

間食でカロリーの埋め合わせをしておけば、先ずはそれで良しという考えで行くことにした
posted by バカボン at 10:00| Comment(0) | 日記2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月12日

テロ対策に打つ手なし

従来のテロリスト像というと過激な思想を背景にした組織的な犯罪集団だったが、いつしか過激なウェブサイトに洗脳された単独的犯罪者に変わって来た。

サイトを閲覧しているだけで考えがテロに染まってしまうなんてと思っていたが、欧州では実際に起きてしまっている。

具体的な命令を出された訳でもなくテロを企てるのだから衝動的テロリストとでも言うべきかもしれない。

そんな彼らのテロを抑止するのは個人が対象となるだけに困難な作業となるだろう。

そして最近のテロ組織は自らが直接行動を起こすのではなく、SNS等を活用して単独テロリストの怒りを煽るという狡猾な手法を取り入れている。

まるで起爆剤を用意した後は、危険が及ばぬ場所で高みの見物をしているかのようだ。

もうこうなると警察はネズミ叩きの如く次々発生してくるテロリストに対応しきれない。

それ以上に難しいのがサイバー攻撃だ。

直接人に危害を加える従来型テロ以上にサイバー攻撃も盛んになっている最大の理由は、あくまでも素人考えだが攻撃に要する費用の安さにあると思う。

特にネットが普及している民主主義国家ではポピュリズムの揺動作戦に最適な攻撃方法だという事で、選挙等ではフル活用されている。

一様にテロといってその背景といい攻撃方法といい、これからもより複雑になっていくのかも。
posted by バカボン at 15:00| Comment(0) | 日記2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月10日

一口羊かん

Amazonでは日持ちがするというメリットもあってか全国の一口羊かんを購入する事が出来る。

まず、羊羹といえばという事で虎屋。

虎屋の小形羊羹です。

和のテイストを感じるパッケージが色のサンプルのようで贈答品なのでしょうね。

一本当たり270円もします。

味は普通でした。

次は成田山新勝寺のお土産として知られている米屋です。

和楽の里ミニ羊羹栗で、一本当たり96円です。

ミニ羊羹小倉は、一本当たり105円でした。

知名度からすると井村屋の方が高かった。

こちらのミニようかんは一本当たり82円です。

各社各様かと思いきや、味も容量も大差ありませんでした。

容易に保管できる、食べやすい、私にとってカロリー補給の必需品です。
posted by バカボン at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月07日

Sakuraテラスにて 023

食欲がない

最初から食が細い所に食欲が減退すると、配膳された食事を一目見た途端にげんなりしてしまう

これまでは我慢して食べていたが辛くなってきた

体調はいいし気分もどこといって変化はないが、何だか食欲の波が大きくなってきている

ガンと解り、為す術がないと解ってからまずはあるがままを受け入れることを心掛けて来た

相当月日が経ったというのに心の奥底にはまだ釈然としないものがあるのだろうか

あるがままを受け入れることは、私にとって簡単ではないようだ

食事を摂らなくてはいけないという思いが強すぎて、食べようとしない私自身に嫌悪を感じているのだから始末に負えない

正直なところ、そういう時にとても疲れる

強い落ち込みとかはないが、じゃあ楽しいのかというと楽しい訳がない

あるがままを受け入れることがと諦めは違うと思うのだが、全てを諦めた人間に果たして意欲が残っているのかという疑問もある
posted by バカボン at 11:00| Comment(0) | 日記2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月04日

金融リスク

バブル経済の崩壊はどこからはじまるのだろうか。

そもそも中国と日本は全く違う国なのだから日本と同じように不動産関連からバブルが弾けるという予想は最初から的外れだったのかもしれない。

弾けるとしたら、どこだろう。

金融リスクなんてところかもしれない。

例えば、外国企業の工場を誘致する事でその経済基盤を固めて来た中国企業の借入金返済が滞りだすなんていう展開はどうでしょう。

中国共産党政府が政治をしっかりとコントロールできている現在、最もリスクが高い分野が金融なのではないかという素人考えですがなんだか当たっているような気がする。

それにしても上海市場がずるずる下げている今日この頃ですが、一体いつになったら下げ止まるのだろう。

中国の株価と高金利、実に興味深い。

最近、中国のサイトをGoogle先生に翻訳してもらったのだが、これがまた訳の解らない日本語が出て来てとても楽しい。
posted by バカボン at 10:00| Comment(0) | 株とFX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月03日

コロコロで蚊退治

ツイッター情報で真偽のほどは全くもって定かでないのだが、壁に停まっている蚊をコロコロで退治する事が出来るらしい。

壁で休んでいる蚊をコロコロで張り付けるという。

どうやら手で叩くという方法だと、蚊が人の体温や臭いを事前に察知して寸前に逃げられてしまう確率が高くなってしまう(らしい)。

そこで長めの柄のついたコロコロが登場。

壁で休んいる事が多いとテレビでばらされてしまった彼らを攻撃するには、出来るだけ離れた場所からコロコロを近づけられるように柄が長い方が有利ということですね。

近づけても逃げないならば、瞬発的攻撃力が不要なな訳で相当に便利なツールとなる。

これが事実であるならば、夏に向けてコロコロを一つ購入しなくてはw
posted by バカボン at 10:00| Comment(0) | 日記2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月30日

Sakuraテラスにて 022

音を聞くと心が落ち着くかもという事でヒーリングサウンドに挑戦してみたが、効果なし

YouTubにあったシンギングボールのシンプルな音を聴いた

チベット仏教のシンギングボールの音をしっかり聞こうとすると集中力が必要であり、イライラしているときに耳を傾ける事が出来るとは到底思えない

完全に消えるまで聴くという行為は、関心を音にだけ向ける事となり結果落ち着きが得られるようだ

少しずつ弱くなっていく音に神経を集中していると、音が消えても音を聞いている私自身に気が付く

意味を持たない音を聞くという行為で頭の中を一杯にすると、これまで頭にあったイライラ感の居場所が消えてしまうのでしょう

何かを考えてしまうヒーリング音楽とは大きく違うなと思った

落ち着きは現実に戻ればすぐに消え去ってしまう

程々にリラックスした状態でシンギングボールを聞く行為は全くの無害な訳で、一時でも心の平静をという時には有効な手段だ

風がなす枝の騒めきや野鳥の鳴き声にも癒しを感じるが、そういった自然を感じられる環境にない人の代替物がシンギングボールって事なのかも
posted by バカボン at 11:00| Comment(0) | 日記2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする