2017年10月14日

冬へ

寒い。

外気温は14度なので、最早涼しいという季節は終わった。

8日、セミが鳴いていたがあれが今年の聞き納めとなった。

風に乗る金木犀を感じたのもつかの間、今年はこのまま冬へと一気に加速していくのだろうか。
posted by バカボン at 10:32| Comment(0) | 日記2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月01日

Cozmo(コズモ)

日本のAmazonからCozmo(コズモ)を購入できるようになりました。

6本の脚でその動きが気持ち悪い位楽しいクモ型ロボット「HEXA」がKickstarter待ちであるのに対して、CozmoはアメリカのおもちゃメーカーAnki社が作っている。アメリカでは2016年10月に発売されており、おもちゃとしての完成度はすこぶる高い。

タカラトミーから発売されているCozmoは国内向けにローカライズされているのでアプリが英語でなく日本語出来る。

しかしかなり不思議に感じるのは発売されてから丸一年経過しているのに、設定等のソフト関連が思いの外難しい。ハード面の完成度の高さに対してユーザーインターフェースの低さのアンバランスにも驚きました。

設定に困惑したことが影響したからでしょうか、ドッグを離れ机上を勝手に走り回る姿は想像していた以上に可愛い。
posted by バカボン at 08:26| Comment(0) | 身近な道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月25日

改造EV車

自動車会社が作った車体を基に従来のガソリンエンジン等を電気モーターに置き換える改造ってありなんでしょうか。

車を改造するなんて聞くと、深夜静まった山道を猛スピードで疾走する類の人たちを想像してしまいますがそういう事ではないんです。

専門の技術を持っている改造業者の手に委ねれば、ガソリンエンジンから電動モーターに移行する事って容易ではないかと思うのです。

車両は従来の車と大差ないようですし、改造が出来ればこれまで使っていた車をずっと活用する事が出来るのでけっこう楽しいのでは。
posted by バカボン at 09:44| Comment(0) | 日記2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月18日

中国式白タク

外貨流出を憂慮している中国政府が日本への旅行客数を制限するというニュースがありました。

これを逆に考えると、中国政府は様々な方法を使ってこれまで以上に外貨獲得に躍起になっているって事ですよね。例えば埼玉県の西川口では新たな中華街が話題になっているようですが、多くの中国人がこうして外貨を獲得しているという事の証明だと思います。

そんな中でも凄いなぁと思ったのが「中国式白タク」です。

これはもう唖然です。

中国本土で営業しているウーバーのような配車アプリに登録した現地の中国人が、何と日本国内で営業しているんですからw。

中国現地の生活様式が日本の生活空間に瞬間移動してきたって感じです。

お手軽なスマートフォン経由の決済を使えば、こういった白タクやガイド業はいとも簡単に営業する事ができるんですね。

日本各地の空港や観光地で普通にみられる光景となっているそうですから、政府や自治体は中国人白タク業者を心からおもてなししているのでしょう、恐らく。

其処彼処に問題を抱えている中国式白タクですが、何と言ってもちゃんと納税しているのかって事ですよね。

そもそも白タクがちゃんと納税していたなんて話を聞いたことがないので答えは自明なんでしょうが、日本で売り上げても肝心の支払いは中国本土で完結しちゃってるんですよね。
posted by バカボン at 09:31| Comment(0) | 日記2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月02日

気温が低い

只今、10時05分の外気温は18度。

蝉の声は全く聞こえません。

最早、寒がりの私にとってTシャツの季節は終わりスェットを羽織らなければ生活していけない気温です。

この温度で生き長らえている蝉もいる訳で、そう考えると彼らは私よりも耐寒性に優れているって事なのかも。

いずれにしても、仕舞い込んでしまったスェットを出さない事には今日という日を生きていく事が出来ません。涼しいとか肌寒いなんて通り越して、寒い。

追記
今13時35分。
快晴で何と24度。
暑くてスェットを脱ぐ。
なんて日だ。
posted by バカボン at 10:12| Comment(0) | 日記2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月26日

接続障害発生

物凄く久しぶりにネットへのアクセスが出来なくなった。

OCNのサイトによると発生日時は2017年08月25日12時22分頃で復旧日時2017年08月25日12時45分とあった。

しかし、復旧したという時刻以降もビューカードやApple Payへのサイトもアクセスできなかった。復旧した途端に利用者のアクセスが集中していたのかもしれない。一度切断されたネットが従来通りに使えるようになるには、接続業者が発表している復旧時刻よりもさらに長い時間が必要だという事ですね。

楽天証券と野村證券のサイトも一向につながる気配がなかったので素直に諦めました。

で、興味深いのは接続できなくなった原因です。

素人考えでOCNの設備等の異常かなと思っていたら、全く違いました。

アクセス回線接続でNTT東西フレッツを使っているユーザーが接続できていませんでした。かつOCN経由がアクセス不可となっていたようです。偶発的にインターネット上の洪水が起きてしまったという事のようです。

どこかのネットワーク事業者に本来流れるべきでないOCNのIPアドレスが大量に流れてしまったらしい。

結構な規模で発生してしまった接続障害だけど、これまで起きた中では世界に類を見ないほどの大規模の障害だそうだから結構レアな体験をしたってことですね。
posted by バカボン at 10:25| Comment(0) | 日記2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月20日

総意の結果

終戦記念日になると戦争責任を問う特別番組が組まれる。

そこで毎度のように軍部の独走による軍国主義国家になってしまったというながれになっている。

でも、本当に軍部の独走だけで戦争を始める事が出来てしまうものなのでしょうか。

現在の私たちはネット上のフェイクニュースに誰もがいとも簡単に騙されているが、当時の人たちは新聞やラジオによる戦争への揺動を鵜吞みにしていたのだろう。得られる情報が限ら得ている当時の人たちを戦争へと導くのは思いの外容易だったのかもしれない。

世界恐慌の煽りを受けて先の見えない状況の中、戦争に希望を見出してしまった国民を相手に政府がまともな政策を打ち出したところで受け入れてくれるはずもない。戦争が賢い選択ではないことを十分承知していても、日本国民の多くが一服の清涼剤的感覚で戦争という覚せい剤を欲していたってことですよね。

そう考えると誰もが戦争へGoって事だったわけで、延々と軍部独走を連呼しているテレビ番組に不思議さを感じてします。
posted by バカボン at 14:49| Comment(0) | 日記2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月12日

ICBMと株価

北朝鮮がグアム方面へのミサイル発射を計画しているというニュースに市場が下げています。

しかし、まだ計画段階であって明日発射するというような差し迫った状態ではないようです。

ミサイルは発射されると日本上空を飛んで太平洋に落下する事は必至なので、これまでの状況と全く違うという事は素人にも解ります。発射されたミサイルが予定の軌道を外れた場合、イージス艦の迎撃ミサイルが日本海上で撃ち落とす。それでも駄目だった場合、地上に展開しているミサイルで撃ち落とすという予定だとか。

想定している弾道は日本の上空だと大気圏外。

有効射程高度が300km位といわれているPAC3が作動する事がないようにただただ祈るより方法がないというのが現実なんですね。

この件に関してテレビでは各社がニュースで日本海のイージス艦に加えて各県にPAC3の配備が始まったことを伝えていますが、その内容といい放送時間がとても短い。ワイドショーで取り上げるべき大問題がとても静かにスルーパスされている。

とても不思議な感じがしています。

欧米の株価がこの件に関するニュースに影響を受けて下げています。

欧州からすれば単なるミサイル発射と捉えられなくもないこのニュースに、反応し過ぎのようにも思えます。
posted by バカボン at 10:29| Comment(0) | 株とFX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月05日

電磁パルス攻撃

核とミサイルという現代兵器を開発する事でどういった攻撃が可能なのfだろうかといったどうしようもない事を調べてみた。

原子爆弾というと頭の中には広島と長崎を思い浮かべるが、電磁パルス攻撃という方法も考えられているそうです。

この攻撃方法の特徴は高高度上空で原爆を爆発させた際に発生する電磁パルスを利用する点にあります。この爆破によって建物が壊れたり死傷者が出たりという事はない。何故なら、あまりにも上空での爆発なので熱風も届かないから。

電磁パルスの攻撃目標は人ではなく、送電網とそれにつながっている電子機器。

話がSFのようでいて何の事やらまったく解らなかった。

要するに、送電網や発電所、そして私たちが使っている家電等は電磁パルスにとても弱い。なので電磁パルスを大量に発生させて、大電流をそんな電気を使用するものすべてに流し込み破壊するという事のようだ。

電磁パルス攻撃が成功してしまうと、ネット網は崩壊してしまう。

この攻撃方法は高高度まで打ち上げる事が出来るロケットとコンパクトな原爆がひつようですが、攻撃手段を沢山持てない国にとってはかなり効果的な攻撃方法であったという事です。真綿で首を締める様な攻撃方法は従来のものとはまってく違うので、守る側にとってはかなりヤバい。

米国が躍起になって対応策を講じ始めた理由も、最早猶予できない深刻な状況になって来たからでしょう。
posted by バカボン at 10:29| Comment(0) | 日記2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月17日

移動手段の進歩

都内に限って言えば、車椅子利用者の駅舎内移動は格段に改善されました。

これまでエスカレーターを一時停止させて車いす専用とすることで対応してきたJRですが、昨今ではホームに直接エレベーターが相当数設置されています。駅の状況がエレベーターの形に反映されており、かなり楽しめます。

ほんの少し前までエスカレーターのわずらわしさや不安感を感じていたのが、まるで遠い昔のように思えてしまうから不思議ですね。

さて、エレベーターが設置されていれば車いす利用者が敢えてエスカレーターを使う必要性はない。ここで選択肢がエスカレーターとエレベーターの二つになってハッピーと考える人は、多分いないと思います。

これまで何度も事故が起きているエスカレーターを使って移動のリスクを大ききしようとは誰しも思わないでしょうし。

そういった状況を先取りしてでしょうか、昔の介助マニュアル等にはエスカレーターでの移動方法が解説されていましたが最新版ではそれを見つける事は出来ません。そもそも説明すること自体が危険な行為を助長している等と受け取られかねませんからね。

しかし、しかしなのです。

エスカレーターに車椅子を乗せて移動しても現在のところ法令上は違反でもなく、禁じられてもいません。なのでエレベーターが物凄く混雑しているといった時にエスカレーターでサッサと移動しても何ら違法ではないのです。

都市のサバイバル術障碍者版というのがあったら、非常用手段としてエスカレーター活用方法をイラストの解説付きで絶対載せておきたい。こういった知識は殆ど役に立つことなく終わるだろうが、いざという時に役に立つかもしれないw。
posted by バカボン at 10:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする