2017年05月20日

実用化一番乗り

車をコンピューターの判断に委ねようとしている。

車造りでこれほどまでに強烈な競争が見られるのは久しぶりなのではないでしょうか。

早くシステムが完成して誰もが安全に移動できると良いなと誰しもが思っている訳ですが、完璧主義を目指すといつまでたっても自動運転は成功しないような気もします。

なので、自動運転できる範囲や機能を制限して早めの実用化を推し進めた方が勝ちって事になるんじゃないでしょうか。

そこで、最新のAIとかを持ってくるのではなく、大昔の「IF〜THEN〜」で書き綴っていったエキスパートシステムが最適なのではと思えて来てしまう。持てメルはただただ一つ、それは実用化一番乗りです。

AIに高速運転の完成を委ねるよりも、今日明日にでもトロトロ走る自走車両の実用化を日本人は欲しているですから。安心安全を絵にかいたようなエキスパートシステムがぴったりだ(多分)。

って、ここまで書いてはみたもののニュース等でAIを自動運転車両に使用していますとはいっても、実際のプログラムがどのようなものであるかを全く知らないんですよね。
posted by バカボン at 14:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月05日

特養ホームの待機者

特養ホームの待機者が一気に減った。

何故?

厚労省が特老への入所基準を引き上げたために入所を希望していた高齢者が対象から外れたからです。加えて要介護4レベル以上の入所者を70%以上受け入れている施設に介護報酬の加算という、プレゼントを施設に用意する事でこれまで入所できた要介護3の高齢者を対象者を弾き出していた。

流石、役人の考えは素晴らしい。

特別養護老人ホームの数を増やさずに,入所制限を高くすることで待機者数を減らすという方法で無理矢理解決してしまったんですね。

正確にはルールを変更しただけで問題の解決には至っていないんですが、こういう形で決着をつけてしまおうという発想が極めてユニークだと思います。

しかし、2014年の時点で50万人以上いた待機者を減らす為、15年に入所条件を要介護3以上としています。ここで再びのルール変更ですから。

この解決方法を良しとすると、特養ホームの待機者数がゼロになる日も近いという事ですね。
posted by バカボン at 09:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月02日

ブロックチェーンを理解する

ビットコインはFXのように使えているので、利益が出ていないにも関わらず何だか訳もなく楽しい。

しかし、この通貨で買い物をしている人が実際にはどれくらいいるのかを考えると、話題になっているという思い込みでFXゲームをしているだけなのかもしれない。

そして、いまだにブロックチェーンを理解できていない。

で、連休中はブロックチェーンに入り浸ろうと思います。

ビットコインを使うにあたってはブロックチェーンを理解する必要など全くないのですが、パソコンを使い始めるにあたってCP/M等に興味を持ったのと同じ感じで捉えているんじゃないかな。でも、流石に昔の様にテキストを購入という事ではなくネット上にあるサイトでそれなりの理解が得られるというのは時代の変化でしょう。
posted by バカボン at 10:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月23日

浜離宮と法隆寺

浜離宮と法隆寺、この二つの歴史的建造物に直接の共通点はありません。

共通点がないのではなく決定的な違いがあるのです。

ドコにあるか?

それは車いすで移動できるか否かという点です。

国宝法隆寺は車いすで見学が出来るようにスロープ等が設置してあります。多少の砂利道はあるのですが、国宝の建築物には手を加えることなくスロープが設けられておりました。

私は法隆寺の姿に感動しました。

が、其処彼処に設置されているスロープを見た瞬間これまでにない素晴らしいものを見せつけられた思いがしました。創意工夫でこういった事も出来るんだという一例ですね。

対して浜離宮恩賜庭園はどうでしょう。

サイトを見ると東京都が監理する公園だけあってしっかり整備されている感があります。車椅子で行けるルートが表記されており、この公園は車いすで散策できるといった感じなんです。

で、実際は?

公園には車いすの用意もあって素晴らしいと思うのですが、散策してみるとアレレ感満載でした。車椅子で散歩できるとされていたあのマップ通りに移動するとなると、かなりの気合を要します。

行けなくはないので、マップは間違いではありません。

しかし、最近では車椅子を使用して移動する人がいるであろうと想定した造りが一般的になっており、そういった感覚でこの公園を散策すると違った意味で歴史の重さを感じる事になってしまいます。

車椅子でも気軽に散策できるように、公園の環境や景観を損なうことなく道路を整備することが不可能であればそれはそれで理解する事が出来るのですが・・・。
posted by バカボン at 14:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月09日

格差社会

平和な時代は、教育システムを使って格差社会を完成させた。

この社会の上層部に位置するには、武器である教育というツールを手にする必要があるという事も解りました。 

そこで、最強のツールを手にするための準備がはじまるんですね。教育は一足飛びという都合のいい方法を許してくれないので一歩一歩積み上げていく過程が不可欠です。ここで教育費を用意できた親を持てばスタート地点に立つ事が出来ますが、そうでない場合はレースを始める以前に脱落しているという事になります。

まぁ一発で抜け出す方法となるとスポーツ選手か吉本という事になるんでしょうが、その確率はかなり低いですよね。

日本はもう完全に格差社会になってるんでしょうか?。

日本では外国の様にはっきりとした棲み分けが為されていないだけで、既に相当格差が進んでいるのではないでしょうか。運転手付きのロールスロイスを格差社会の象徴とすると、道が狭い日本ではそういった姿を見る事はないので解らないんだと思います。

ロールスロイスよりもプリウスを素晴らしいと感じる日本人的均一の価値観がどこまで続いていくのか解りません。しかし、そういった雰囲気のようなものが保たれている限り収入格差がこれまで以上に大きくなり極端な富裕層と貧困層の二層化社会なっても、激変を見ることなく穏やかであり続けるような気がしてなりません。

でも、映像の20世紀で見た貧富の差を実感できてしまうって事も間違いなく事実なんだと思います。
posted by バカボン at 14:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月25日

オバマケア代替法案撤回

トランプ大統領があれ程頑張っていたオバマケア代替法案は決議すらされずに撤回という形になってしまった。

予め賛成票が計算できるというのは便利ですね。

でも、強気で押していた法案が議会で通らないというのはショックだろうと思っていたのですがNYダウはほとんど動いていない。日本では数日前、大きく下げていたのですが。

期待感が大きかっただけに失望感もそれなりのものがあるだろうという予想は外れました。トランプ政権の政策実行力を問われるこの法案で不安がしっかり露呈したのに株価も為替も動きませんでした。米国民はオバマ大統領が行おうとする減税に対応するための財源はどうするのかという不安を持たないんでしょうか。

こういった不安材料は何がどうなるのか全く分からない心情的な問題だけに、為替を動かすには最高の材料になると思う。

という事で、1ドルが105円程度なんてのを想像しています。
posted by バカボン at 10:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 株とFX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月20日

人工知能と失業者

富国生命保険は人工知能を使って給付金の査定業務関連に従事する社員を3割カットするという計画を出していたがあれは一体どうなったんでしょうか。その後のニュースがないようなので、こういう事はこっそりやらなきゃダメって誰かに言われたのかもしれません。

確実に従業員を減らせる道具がここにあるのに、それを使わない経営者が果たしているだろうか。

確実に導入されること、間違いなしです。

となると、新顔のAIと円熟期にあるオートメーション化はこれからどれくらいの失業者を作っていくんでしょう。

これまでは単純作業が機械化されてきたので、分野が限定されていました。要するに悲惨な状況に陥るであろうと考えられてきたのは単純作業といった業種とされてきました。が、ここに来て人工知能が一気に発達し、その領域を拡大してきたのです。そして、これまでは会計士や医師といった対象外のスペシャリストも人工知能の餌食になっていく事が明らかになっています。

という事ですから、失業率はもう呆れ返るくらい上昇するんでしょうね。

これまで失業しても新たな職種が生まれ一定の雇用は確保されると言われてきた。でも、それって昔はそうだったのかもしれませんが現在の姿を見る限りにおいては嘘っぽい。何故なら、人手を必要とする新たな仕事がそう易々と作られないからです。
posted by バカボン at 14:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月12日

人手不足と賃金

日本では人手不足と言われているが、コンビニの賃金の上昇はそれ程ではないように思えます。

格差社会がどんどん加速しているアメリカは、人手不足になればなったで賃金がしっかり上昇している。日本の歪められた労働に比して、米国の労働市場は健全であるといえる。

需要と供給に応じて価格が動くという当たり前の機能がごく当たり前に動いているのを見てから、人手不足なのに賃金はほとんど上がらない飲食店や土建業ってこれからどうなっていくんでしょう。

こっれて、もしかしたら

このまま人手不足が解消できない状態が続くとなると、外国人労働者への期待が大きくなってきます。 

日本人手不足という問題を一挙に解決してくれる方法、不法滞在している外国人の合法的雇用に発展していくんじゃないかな。新たに移民受け入れなどというと反対する人がかなりの数になると思うので、雇用の規制緩和をひっそりとやると思います。

人口減少と労働力不足を一挙に解決してくれますからね。
posted by バカボン at 14:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月01日

私の夢

上野の動物園に猿山があります。

全部で何頭いるのか知りませんが、結構な数であることは間違いないでしょう。

そんな彼らにバナナをもう食べたくないと言わせてみたいのです。

そう、これが私の夢です。

彼らに餌を与える事はいけない訳で、結局のところ夢でしかないのですがかなり楽しいこと間違いなしでしょう、恐らく。

量的には軽トラ一台位のバナナだと軽く食べてしまいそうだと思う。そもそもバナナが彼らの好物であるのかという疑問もない訳ではありませんが、せっせと食べてくれるのではと考えています。

最終的には、バナナを投げ返してくるかという事を知りたいのですが。
posted by バカボン at 13:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月19日

お掃除ロボットと館内マップ

単純な作業はロボットが取って代わると言われています。

単純な作業といっても事務系のディスクワークから工場での組み立てなど実に幅広いので、既に機械化されている分野もあれば一向に気配を感じないといったところもあり点でバラバラなようですね。

で、普段から思っている事の一つに障碍者施設内の掃除を業務用ロボットに委ねてみてはどうだろうかというのがあります。

電動工具メーカーとして有名なマキタから業務用ロボット掃除機が発売されています。ロボット掃除機「RC200DZ」の標準小売価格は税別で115,000円で、パート職の時給等を考慮してもこちらを導入した方が良いように思えてなりません。モップかけもロボットで可能になっているようですし、早急に検討すべきでしょう。

そんなことを考えていると、WIREDに自律走行車の車椅子をMITの研究者が作っているという記事を思い出しました。

この自立走行を作るには館内の地図情報が必要なんだそうです。車であればゼンリンとかがカーナビ用に提供していると思うのですが、病院の館内マップとなると最新情報が得られ難い。

でも、この地図情報の作成はルンバ980が解決してくれるでしょう。

既に掃除をしながら地図を作る機能も搭載しているんですね。

地図作成機能を組み込んだロボット掃除機「RC200DZ」はまだ販売されていません。が、やかましい位の作業音を撒き散らして働く「RC200DZ」の姿を想像するともう居ても立ってもいられません。早く実現してくれませんかね。
posted by バカボン at 08:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする